口腔ケアでウイルス感染対策

 

こんにちは。歯科衛生士の丸山です。

今回は現在世界的に蔓延している新型コロナウイルスと口腔ケアの関係性についてお話します。

 

まずほとんどの人の口の中には歯周病菌が棲みついています。

この菌が歯周病の原因となるのはもちろんですが、ウイルスが粘膜に侵入するのを助ける

プロテアーゼやノイラミニダーゼといった酵素を出すことがわかっているそうです。

つまり口腔内の衛生状態が悪い方はウイルス感染しやすく、反対に口腔ケアをきちんとして

歯周病菌を減らせば感染リスクを小さくできます。

 

感染リスクを小さくするには、まず一人一人のホームケアがとても大切です。

丁寧な歯磨きはもちろん、舌磨き、歯周ポケットや歯肉溝のデンタルフロスでの清掃、さ

らに義歯を毎日清掃することも有効です。

またデンタルリンス(洗口剤)を併用する事も効果的です。

 

さらに歯科医院での定期検診クリーニングも口の中の状態をしっかりチェックし、

ホームケアだけでは行き届かないところもケアすることができる為大切です。

その際に担当歯科医師や衛生士がホームケアのアドバイスもさせていただきますので、

お気軽にご質問ください。

 

関連記事

  1. 定期健診について

  2. 食事の回数について

  3. 電動歯ブラシについて

PAGE TOP