着色しやすい食品

 

歯の色はどれくらい人の印象に影響を与えるでしょうか?

顔の中心に位置する口元が人に与える印象は、良くも悪くも大きなものだと思います。

歯の白さの一つの指標として『眼球の白い部分』と歯の色が同じ程度に白いと、

バランスが良い印象を与えるといわれています。

 

ホワイトニングをした後や、白い歯を保つために着色しやすい食べ物や、

飲み物を紹介したいと思います。

 

着色しやすい飲食物として、

1. カレー

クミンやターメリックなどを含むカレーは、着色の原因になると考えられています。

 

 

2. ベリー類

ブルーベリーからラズベリーやクランベリーにいたるまであらゆるベリー類が歯を着色させます。

 

 

3. ワイン

赤ワインが歯を着色させることは知られていますが、実は白ワインも歯を変色させることがあります。

 

 

4. ケチャップ

カレー、クミン、ターメリックなど効能を持つスパイスを含むこの甘く色の濃い調味料は、時間とともに歯を着色させます。

 

 

5. コーヒー

コーヒーに含まれるタンニンは、黄ばみの原因となります。

 

これらはほんの一部ですが、タンニン、ポリフェノール、ターメリックなどを多く含むものが

歯の着色を起こしやすいと言われています。

 

着色しやすい食べ物をとる時の対処法

歯に色が付くことは分かっていても、カレーやコーヒーを我慢するなんて嫌

という人は、食べ方を工夫するだけで、その影響を軽くすることができます。

口腔内が乾いている状態では、汚れが付きやすいので、食べる前と後に水を口に含んですすぐだけでも、着色予防ができます。

飲み物を長時間口に含まないことも大切ですが、ストローを使って着色を少しでも防ぐことができます。

 

食後の歯磨きや、マウスウォッシュなどのケアが大事になります。

それだけでは落としきれない着色は、歯科医院でのクリーニングやホワイトニングをお勧めします!!

関連記事

  1. スーパースマイルシリーズでお口を更に美しく

  2. 毎日の生活で歯の着色を防ぐ5つの方法

  3. ホワイトニング

    「スーパースマイル」で新生活を迎えよう!

PAGE TOP