意外と知られていないエナメル質形成不全症

こんにちは、成増デンタルクリニックです。

学校検診で虫歯を指摘されたということで当院に来院される方の中には、
実際には虫歯はなく、エナメル質形成不全症の方がいます。

エナメル質とは歯の一番外側を覆う層のことで、体の中で一番硬い部位と言われています。
そのエナメル質が作られるのは、お母さんのお腹の中にいる時です。

胎児の時に何かしらの影響を受けてエナメル質が上手く作られなかった場合,
その歯はエナメル質形成不全歯として生えてきます。

見た目は白く白濁していたり、逆に茶色く見えたり、表面がボソボソしたり欠けたりしています。

虫歯は触ると柔らかいのですが、エナメル質形成不全歯は硬いので、その差は歴然です。

ただ、十分にライトを当てられなかったり、触ったりする時間のない学校検診では、
虫歯として判定されることが多々あります。

実際にエナメル質形成不全の歯は、エナメル質がしっかりと形成されている歯に比べ、
虫歯になりやすいと言われています。

重度の場合には予防的に詰め物をすることもあります。
また、軽度のものであれば、フッ素塗布でよくなることもあります。

気になる方は、お気軽にご相談ください。

歯科医師 渡辺

関連記事

  1. 知覚過敏でお困りではありませんか?

  2. むし歯の基礎知識

  3. 学校歯科検診について

  4. 年末年始の前に特別な歯の大掃除はいかがですか?

  5. 成人歯科検診を定期的に受けましょう

  6. 根面う蝕

最近のブログ

  1. 口臭について

    2021.04.13

  2. 第一印象

    2021.04.6

PAGE TOP