口腔ケアでインフルエンザ予防

毎年この時期になると、インフルエンザの話題が多く出ますね。

インフルエンザは感染症のため、ご自身がかからないようにするのはもちろん、

家族や周囲の人にうつさないようにするためにも、しっかり予防をしたいものです。

 

近年、インフルエンザを予防するうえで歯みがきや口腔ケアに努めることが

重要だという研究結果が注目されています。

 

インフルエンザ対策は、ワクチン、手洗い、うがい+口腔ケアです!

 

歯みがきや口腔ケアをおろそかにしていると、むし歯や歯周病の原因となる菌が増殖して

プラーク(歯垢)となることはよく知られています。

このプラークには、気管支炎や肺炎などの発症や重症化にかかわる肺炎球菌や

インフルエンザ菌などのさまざまな細菌が含まれています。

これらの細菌はインフルエンザウイルスが気道の粘膜から細胞に侵入しやすくする特性をもっています。

つまり、お口のなかが不潔な状態を放置しておくと、

インフルエンザの発症や重症化を招きやすくなるというわけです。

 

適切なケアでインフルエンザ予防に努めましょう♪

 

関連記事

  1. 歯痛と頭痛

  2. 11月8日

  3. 歯磨きについて

  4. サイトリニューアルしました!

PAGE TOP