キシリトールについて

こんにちは。歯科衛生士の丸山です。

本日はキシリトールについてお話します。

 

キシリトールは皆様も日常的によく耳にするかと思いますが、どのように歯に良いものなのかご存じでしょうか?

キシリトールは歯垢を剥がしやすくし、ブラッシング効果を上げます。さらにフッ素と一緒に使うことにより、歯を硬くする効果を向上させます。

よって日々の生活にキシリトールを取り入れる事により虫歯になりにくい歯になります。

 

ではキシリトールに副作用はあるのでしょうか。

キシリトールを口から摂ることの副作用として報告されているのは、“お腹がゆるくなる”のみです。

糖アルコール(キシリトール)は腸で吸収されにくいため、大量に摂取すると下痢を起こすことがあるのです。

不安な方は少量から始めてみましょう。

 

そしてキシリトールの代謝はインスリンを必要としないので、糖尿病の方も摂取することができます。

 

皆様もキシリトール配合のガムやタブレットを生活に取り入れ、一緒に虫歯になりにくい歯を目指しましょう。

関連記事

  1. キシリトールが歯に良い理由

  2. 電動歯ブラシについて

  3. 口腔ケアでウイルス感染対策

  4. 定期健診について

  5. お口の乾燥

  6. 食事の回数について

最近のブログ

PAGE TOP