歯ブラシの保管方法

ジメジメとした梅雨の時期が始まります。

皆さんは、歯ブラシをどのように保管していますか?
歯ブラシは保管の方法を間違えると細菌が繁殖しやすくなります。
梅雨の時期などは特に、そのスピードが速まったり、カビの心配も出てきます。

例えば・・・

★1つのコップに複数の歯ブラシが入っている
→歯ブラシ同士が触れて雑菌が移りあってしまいます。
同じ空間でも歯ブラシ同士が触れないように注意しましょう。

★適当に水で洗って歯ブラシスタンドに戻している
→使用後は、丁寧に水洗いをしましょう。
そして、細菌の繁殖を抑えるためにも、キッチンペーパーやタオル
などで水気を取ってから保管しましょう。

★何か月も歯ブラシを変えていない
→歯ブラシは使用期間が長くなるほど、雑菌が多くついています。
出来れば衛生面を考えて、1ヶ月に1回の歯ブラシを交換がオススメです。

カビや細菌が繁殖しやすい梅雨の時期こそ、歯ブラシの保管方法を
ちょっと見直してみるといいかもしれません。

関連記事

  1. デンタルフロスの使い方

    デンタルフロスの使い方

  2. 子供の虫歯予防にオススメのMIペースト

  3. 電動歯ブラシについて

  4. MIペースト

  5. スタッフが愛用中のオーラルケアグッズ

  6. 子供の仕上げ磨きに、メルサージュクリアジェルキッズ

最近のブログ

  1. 舌を回す体操

    2024.02.20

PAGE TOP