歯間ブラシについて

こんにちは。歯科衛生士の丸山です。

今回は歯間ブラシについてお話しします。

 

歯間ブラシは歯と歯の間の隙間が広い部分清掃に適しています。

主に奥歯やブリッジが入っている歯の間に使用します。

 

歯と歯の間はハブラシが届きにくくハブラシだけでは汚れを6割程度しか取り除けませんが、

歯間ブラシやデンタルフロスを併せて使うことで9割程度まで汚れを取り除くことができます。

 

 

【歯間ブラシの使い方】

 

鉛筆を持つように持ちます。

 

 

歯間ブラシを水平にして、歯面に合わせて前後に2~3回動かして清掃します。

 

 

使用後は流水ですすぎ風通しの良いところで保管しましょう。

 

 

 

歯間ブラシにはハンドルの形状やブラシのサイズが色々あります。

ゴムタイプのものよりブラシタイプのもののほうが、

汚れをからめとるので当院ではおすすめしています。

そして一番は使用する部分に合わせたサイズ選びが大切です。

ご自身でサイズが分からない場合いつでも担当歯科医師・歯科衛生士に聞いてください。

関連記事

  1. 日々の歯磨きで知覚過敏予防

  2. 歯茎のトラブル

    歯茎のトラブルにオススメ!

  3. コンクールFでお口のトラブルを予防しよう!

  4. 子供の仕上げ磨きに、メルサージュクリアジェルキッズ

  5. 効果的な義歯の清掃方法は?

  6. MIペースト

PAGE TOP