デンタルフロスの使い方

デンタルフロスの使い方

 

 歯科衛生士の丸山です。 

今回はデンタルフロスの使い方についてお話しします。 

 

 

デンタルフロスをする理由は、歯ブラシで磨くだけでは歯と歯の間の歯垢や

食べかすがどうしても残ってしまい、虫歯や口臭の原因となります 

そこでデンタルフロスを使い歯ブラシでは届かない場所を

きれいにすることにより、虫歯や口臭などを予防することができるのです。 

 

 

まずフロスを40cm程(指先からひじまで)の長さに切ります 

       

 

フロスの片側を左手指に数回巻きつけます 

 

さらに両手の間隔が10~15cmになるように右手指に残りの部分を

はずれないように巻きつけます。 

 

 

両手の親指と人差し指でつまんでピンとはります。 

このとき指の間は、1~2cmはなしてください。 

短めにもって、ピンとはることが大切です 

 

 

上の奥歯の時には、両手の人差し指で上向きにフロスを押さえます。 

 

 

下の奥歯の時には、両手の人差し指で下向きにフロスを押さえます。 

 

 

次に歯と歯の間にゆっくり小さくノコギリを引くようにして挿入していきます。 

歯と歯の間を通ったら歯肉の少し中までデンタルフロスを挿入し

前後に動かし汚れをかき出します。 

 

糸を取り出すときも、ゆっくり小さく動かしながら取り出します。 

 

そして上下とも一番奥の歯の奥に汚れが残りやすいので、

そこにもデンタルフロスを使用するとより良いです。 

 

 

 

 

使用する際は鏡を見て、歯と歯の間を確認しながら歯肉を傷つけないように使用し、

1日1回ブラッシング後に使用することが望ましいです。 

 

使い方が分からない場合は担当歯科医、歯科衛生士にお気軽にご相談ください。 

 

 

 

関連記事

  1. 歯ブラシについて

  2. ハイザックについて

  3. 「はじめまして」の笑顔に自信を持てるセルフケア

  4. 効果的な義歯の清掃方法は?

  5. MIペースト

  6. 花粉症とお口のケア

PAGE TOP