コロナ禍で睡眠はどう変わったか?

2020年より私達の生活に多大な影響を及ぼしている新型コロナウィルス。
実は毎日の睡眠にも影響を与えています。

 

スリープテック開発でも有名な株式会社フィリップス・ジャパンは、
「世界睡眠の日」に合わせて2017年から全世界で行っている
睡眠に関する調査を実施しました。

2021年は特に、新型コロナウィルス感染症拡大の影響が
世界の人々の睡眠にどのような影響を与えたのか、
にフォーカスを当てた調査となっています。

全世界13カ国の成人13,000人に実施した調査の中から
新型コロナに関するデータをご紹介します。

 

『世界睡眠の日(ワールド・スリープ・デー)』は、健康的な睡眠の重要性と
睡眠が抱える問題に目を向けるために、
世界睡眠協会(World Sleep Society)によって制定されました。

毎年春分の1週間前の金曜日と決められています。

 

調査の対象は成人男女、そのうち男性51%、女性49%。
平均年齢は42.9歳。
調査対象はオーストラリア、ブラジル、中国、フランス、ドイツ、インド、
イタリア、日本、オランダ、シンガポール、韓国でした。

 

新型コロナ以降、回答者の70%が一つまたは複数の睡眠の問題を抱えており、
43%が夜中に目が覚めてしまうと回答しました。
また、新型コロナの流行が良質な睡眠に悪影響を及ぼしていると
回答したのが37%でした。

 

参考文献

https://www.philips.co.jp/c-dam/b2c/master/experience/smartsleep/world-sleep-day/2021/philips-world-sleep-day-2021-report.pdf

Maas MB, Kim M, Malkani RG, Abbott SM, Zee PC. Obstructive Sleep Apnea and Risk of COVID-19 Infection, Hospitalization and Respiratory Failure. Sleep Breath. 2020 Sep;29:1–3.

 

 

関連記事

  1. 成人歯科検診について

  2. 歯痛と頭痛

  3. コンクール ジェルコートFについて

  4. 在宅睡眠時無呼吸検査を受けてみました

  5. 学校検診

  6. お口のうるおい

最近のブログ

  1. 顎の不調

    2023.01.31

  2. AHIって何?

    2022.12.6

PAGE TOP