学校歯科検診について

学校における健康診断の考え方には・・・

     子供の成長の状況を把握すること

     病気の早期発見、適切な処置を行うこと

     生涯の健康のための教育効果を高めることが目的で、

  医学的な立場からの確定診断を行うものではない

 

健康診断の流れと要点

・姿勢や顔や顎のバランスを観察・診査

・口の周りと口の中を観察・診査

・歯列・かみ合わせ・顎の関節を調査

・歯垢の付き具合を診査

・歯茎の診査

・歯の検査

このように様々な診査をしています。

             

  

               

ところで日本人が毎日歯を磨く割合を知っていますか?

平成28年歯科疾患実態調査によると95.3の方が

毎日磨いていると答えました。

しかし80歳の歯の残存指数をスウェーデンやアメリカと比較すると

スウェーデンが25本、アメリカが18本、日本が15本となり

成人の6以上が歯周病になっているそうです。

 

健康な歯を保つには歯ブラシの回数や時間も大事ですが、

汚れが付きやすい部分を理解し気を付けて磨くことも大事だと思います。

 

関連記事

  1. 無意識のうちに上下の歯が当たっていませんか?

  2. 痛くなってからでは遅い!定期健診の重要性

  3. 親知らずを抜くと小顔になる?

  4. 知覚過敏でお困りではありませんか?

  5. 成人歯科検診を定期的に受けましょう

  6. 保険証のお話

PAGE TOP