6歳臼歯を守ろう!

6歳臼歯は、はじめて生えてくる永久歯の奥歯です。

正式名は第一大臼歯といいます。

 

乳歯と生え変わるのではなく、個人差はありますが、

6歳ごろに乳歯の奥に生えてきます。

最も大きく、咀しゃくの中心となる歯で、

生涯にわたってとても重要な役割を果たします。

 

ところが、6歳臼歯は虫歯になりやすい歯でもあります。

特に生え始めの時期は注意が必要です。

 

その理由は、

①生え始めの歯はまだ表面のエナメル質が未熟で、

十分石灰化されていないので虫歯に弱い

 

②乳歯の奥の位置に生えてくるので生えてきたことに気づかない

 

③完全に出てくるまで時間がかかるので、半分歯肉に隠れているような時期も長く、

汚れがたまりやすく歯ブラシが届きにくい

 

④噛む面の溝が深く形も複雑なため、汚れが落としにくい

 

 

6歳のころはお子様も歯磨きになれてきて、ついつい親としても

お子様に任せっきりになりがちです。

しかし、お子様の歯の状態を把握していただき、特に6歳臼歯は

仕上げ磨きで守るようにしていただければと思います。

(歯科医師 川畑)

関連記事

  1. 保険証のお話

  2. 親知らずを抜くと小顔になる?

  3. 痛くなってからでは遅い!定期健診の重要性

  4. むし歯の基礎知識

  5. 知覚過敏でお困りではありませんか?

PAGE TOP