口内炎とビタミン

口内炎の原因と予防

口内炎は栄養バランスが崩れることで、できやすくなるため、

偏った食事は大きな要因の一つになります。

また、体内にあるビタミンB1は強いストレスを受けると大量に消費されてしまうので、

粘膜が傷つきやすくなります。

結果、口内炎もできやすくなってしまいます。

口内炎が発症する原因のひとつに、細菌やウイルスの繁殖があります。

お口のなかにたまった汚れは細菌の温床になるため、食後の歯磨きやうがいが大切になります。

また、歯石や歯垢を除去する歯医者でのクリーニングも予防につながります。

食事について

口内炎ができているとき、発症しそうと感じたときは刺激物をさけ、

ビタミンを壊してしまうアルコール類や甘いお菓子などをひかえたほうがいいです。

また、熱すぎる飲食物は患部を刺激してしますので、熱いお茶なども注意が必要です。

おすすめの飲み物

口内炎の大敵でもある細菌は、お口が乾燥することで繁殖しやすくなため、

こまめな水分補給が大切になります。

その際おすすめなのが、糖分を含んでいないお茶です。

緑茶や麦茶、ハーブティーなどです。

他にも、口内炎が痛くて食欲が落ちているときに、
手軽にエネルギーを補給できる栄養ドリンクもおすすめです。

そのなかから、口内炎対策として手に取りたい栄養素は、ビタミン類です。

・ビタミンB2 細菌への抵抗力を高める。粘膜を修復する。

・ビタミンB6 皮膚や粘膜の修復と疲労の解消に作用。

・ビタミンC ストレスに対する抵抗力と免疫力を高める。

・ビタミンA 粘膜に働きかけ細菌から守る。

 

このような効用が記載してあると思いますので、ドリンクを選ぶ参考にしてみて下さい。

 

関連記事

  1. 1分間のブクブクうがい

  2. アパガードリナメル

  3. 予診録とお薬手帳について

  4. 歯磨きのタイミング

  5. マスクと呼吸

最近のブログ

  1. 予防さん

    2020.10.13

PAGE TOP