知覚過敏

 

みなさん、こんにちは。歯科医師の顧です。

最近、「冷たいものを食べると上がしみる」や「歯磨きすると痛い」とおっしゃっる患者様が増えています。

お口の中を診査し、診断すると知覚過敏でした。

むし歯や歯の神経の炎症がないにもかかわらず、冷たい食べ物や飲み物を口にしたり、

歯ブラシの毛先が当たったりした時に、歯がしみたり痛んだりする状態が主な症状です。

特に歯ぐきが下がった時や物理的に歯の表面が削れた時に多くみられます。

まだ科学的根拠はありませんが、寒い時期や天候の変化が激しい時期にそういう主訴でいらっしゃる方が多いので、

何かの関連があるじゃないかと考えております。

歯の表面にしみ止めのお薬を塗っていくか、歯が大きく削れた場合は樹脂の材料でつめることが一般的な治療となりますが、

自然に症状が改善することも多くあります。

しかし、知覚過敏とむし歯の症状がかなり近いので、一度歯医者で診断を受けた方がよいと思いますので、

なにかお困りでしたらご連絡ください。

関連記事

  1. 歯ぎしりについて

  2. 安全に安心して治療をうけていただくために

  3. スイーツの日

  4. 食欲の秋 美味しく食べられていますか?

PAGE TOP