AHIって何?

睡眠時無呼吸検査を受けた方で、
「あなたのAHI(エーエイチアイ)は20なので、中等症の睡眠時無呼吸です。」
と言われたことはありませんか?

 

閉塞性睡眠時無呼吸の重症度の判定は、
睡眠時無呼吸検査(精密検査のPSG/簡易検査の OCST)の結果から得られる、
1時間のうち何回呼吸が止まったか(無呼吸)、呼吸が浅くなったか(低呼吸)
で判定します。

これらは「閉塞性呼吸イベント」と呼ばれることもあります。
つまり閉塞性呼吸イベントの総数を睡眠時間で割ったものがAHIとなります。

 

実はこのAHIは「REI(アールエーアイ)」や「RDI(アールディーアイ)」
と呼ばれることもあります。

この違いは何でしょうか?

 

精密検査のPSGでは、脳波を測定することによって
睡眠状態と覚醒状態を厳密に識別することができるので、
正確な睡眠時間を計測し、AHIを算出することが可能です。

 

一方、簡易検査のOCSTでは、脳波を測定していないため、
正確な睡眠時間を計測できません。

そこで、計測時間全体を睡眠時間とみなして、
閉塞性呼吸イベントの総数を補正後の総計測時間で割って
REIを算出します。

補正方法には,アーチファクト,アクチグラフ,呼吸パターン解析等により
覚醒状態であると判定された時間を、計測時間全体から減算したものを
睡眠時間とする方法があります。

 

従来, OCSTにおけるAHIをRDIと表記していましたが、
2015年に改定された米国睡眠学会(AASM)によるスコアリングマニュアルVer2.22で、
REIを用いて表記することが提唱されました。

 

つまり正確にはPSGの時はAHI、OCSTの場合はREIを使用することが推奨されています。

 

睡眠時無呼吸は早期発見し、治療を始めないと命に関わる病気です。

少しでも気になる方は当院の歯科医師にご相談ください。

関連記事

  1. 在宅睡眠時無呼吸検査を受けてみました

  2. コロナ禍で睡眠はどう変わったか?

最近のブログ

  1. 顎の不調

    2023.01.31

  2. AHIって何?

    2022.12.6

PAGE TOP