在宅睡眠時無呼吸検査を受けてみました

最近お問い合わせが増えている睡眠歯科。

一般的にずんぐり太った男性が睡眠時無呼吸になるというイメージが定着しておりますが、
最新の研究では首が細い、顎が小さい女性も該当するようです。

 

そう聞いて私も初めて受けてみました。

睡眠検査キットを受け取り、同封の説明書を読みながら装着します。

左手の指にセンサーを取り付けるのに若干手間取りましたが、
思っていたより簡単に装着出来ました。

あとは、ベッドに入ってスイッチを起動して寝るだけです。

夜中に喉が渇いて水を飲んだりするのもトイレに行くのもそのままで大丈夫です。

翌朝、起床時にスイッチを切るだけで終了です。

 

あとは、検査キットを返却して当院でデータを取り込みます。

睡眠歯科担当の宮地舞先生から後日、診断・説明があります。

呼吸の状態はもちろん、睡眠中の体内の酸素濃度、仰向け・左右横向き・
うつ伏せ寝の回数やいびきの回数までわかります。

 

ご自身はもちろん、大切な方の睡眠が気になる方はぜひ睡眠歯科専門医にご相談ください。

 

在宅睡眠時無呼吸検査は医科では保険扱いですが、当院でも自費扱いで受けることができます。
費用は\16500(税込み)/1回です。

関連記事

  1. 舌の正しい位置

  2. コロナ禍で睡眠はどう変わったか?

  3. AHIって何?

  4. 書籍出版のお知らせ

  5. 日本歯科新聞の掲載のお知らせ

  6. 「歯界展望」掲載のお知らせ

最近のブログ

  1. 妊婦歯科健診

    2024.04.23

PAGE TOP