専門歯科治療

ホワイトニング

天然の歯をより白くする治療です。

美しく清潔な口もとはご自身の自信や周りの方々への好印象へつながります。当院が提供するホワイトニング治療は生活歯(歯髄が生きている天然の歯)が対象になります。失活歯(感染歯髄の治療が施された歯)やクラウンが装着された歯に対しては、審美補綴治療により修復を行います。ここでは、ホワイトニング治療にフォーカスして説明いたします。 ホワイトニングの原理 色は明度、彩度、色相の3つの要素で表現されます。明度は白さの度合いを、彩度は色の濃さを、色相は色の違いを表します。これらの要素のうち、ホワイトニングは明度を高くする(白くする)治療です。ホワイトニングで使用する薬剤は、歯の表面、エナメル質内部、象牙質表面にそれぞれ違う形で作用し、効果を表します。 ホワイトニングの効果の差 施術する歯の状態により治療効果は異なります。術前の診断により大体の結果が推察できますので、ホワイトニング治療をおすすめできるかをお知らせすることができます。

ホワイトニング治療の流れ

1. 診査、診断、コンサルテーション、写真撮影、カスタムトレー用印象:
1本1本の歯をよく観察し、治療の効果を検討するための資料を集めます。その場で、治療効果の大体の見通しと治療の流れをお知らせすることができます。当院のホワイトニングはオフィスとホームを組合せたトータルホワイトニングです。現時点では最も効果があり、王道のホワイトニング法です。術前のお口の状態を記録させていただき、ホームホワイトニングに使用するカスタムトレーの型をとり、治療スタートです。
未処置の虫歯等がある場合は先に治療を終わらせておくことが必要なので、治療の流れを再確認させていただくことがあります。

2. オフィスホワイトニング
オフィスホワイトニングのシステムは
TiON in Office(GC)
を使用しております。実際の施術時間は45分(15分3セット)で前後の時間を含めて2時間の予約時間をいただいております。オフィスホワイトニングにより満足いく効果が出ることがありますが、通常はホーム(6回)を行うことにより当院のホワイトニングが完了いたします。治療後に、予め用意していたカスタムトレーをお渡しし、ホームホワイトニングのやり方を説明いたします。

3. ホームホワイトニング
患者さんの歯列に合わせたカスタムトレーを使用して、通常ご自宅で夜間に行っていただくホワイトニングです。オフィスによりホワイトニングのスイッチが入り、ホームで仕上げをする流れです。最後に再び写真を撮影し、治療の効果を確認いたします。使用薬剤は
オパールエッセンス PF 10% または 15%
を使用します。

4. メインテナンスとセルフケアサポート
歯科医師と歯科衛生士が協力しながら、白い歯が長持ちするようサポートして参ります。

PAGE TOP