専門歯科治療

歯列矯正

良い歯並びは美しい笑顔に、虫歯予防につながります。

歯列矯正治療はいくつかに分類されます。治療は東京医科歯科大学出身の矯正専門医が担当いたします。 成長期矯正(小児矯正) 6歳臼歯が生えたあたりから始まり、永久歯列になり顎の成長が完了するまで経過観察を続けます。治療の段階を前期・後期に分けることもあります。 成人矯正 顎の成長が完了した成人に対して行う矯正治療です。矯正治療に年齢制限はありませんが、治療の可否は専門医との相談の上決定してまいります。 全体矯正 咬み合わせも変化するお口全体の矯正です。 部分矯正 前歯のみなど、部分的に歯の移動を促す矯正です。

歯列矯正治療の流れ

1. 診断資料の収集、診断用模型の印象
2. 矯正専門医によるコンサルテーション
3. 矯正治療の開始、セルフケアサポート
4. 動的矯正治療の終了、リテーナー(保定装置)の印象
5. 保定開始

PAGE TOP